<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

おばあちゃんと猪木のお話

写真の整理をしていたら出てきた『アントニオ猪木』の写真。w



080614_0925~02.JPG















若い。。。こんなに若かったのね、猪木。。。

私が小学生の時にボーニ(函館のデパート)に来た猪木を

弟が撮ったものだと思われます。

私も同じく会場にいたんだけど、待っている間に

おトイレに行きたくなっちゃって、そのうちに会場となり、

途中入場できなかったので、私は生猪木には会えませんでした。

その時の写真ね。。。





猪木と言えば祖母を思い出します。

私の母方の祖母は大の格闘技好きで、

いつも大相撲とプロレスを見ていました。

私とテレビの争奪戦になり、いつも『うるさい』と一言、

物置に閉じこめられたものでした。

私がよ〜く覚えているのは、

3才の頃、母が仕事をしていたので、祖母と一緒に

お留守番をしていたんです。

その時、お昼になると近所のストアまで

カップヌードルを買っておいでとお金を渡され、

私はいつも自動販売機でカップヌードルを買っていました。

昔は自動販売機でカップヌードルが買えたのです。

それを持って行くと、祖母は2人分のカップヌードルを作り、

食べながら昼ドラを見てました。

昼ドラには倍賞みつ子が出てました。

私に対して、『この人、猪木の奥さんなんじゃ〜(当時は)』と

嬉しそうに教えてくれたものでした。

当時は私も小さく猪木なんて知りませんから、

「あっそ」で済んでたと思うんですけど、

祖母は猪木が大好きだったんですね。





今はすっかり色もの扱いになってる猪木ですけど、

祖母とプロレスを見ながら、すごいな〜と思った記憶があります。

他にも藤波辰巳とか長州力とかキラーカーンとかアニマル浜口とか。。。

結構子どもながらに名前覚えているもんですね。

今もプロレスラーの入場曲を集めたレコードがうちにあるはずです。

(買ったのはこの写真を撮った時の弟です)





それにしてもこの猪木の写真、どうしよう〜。



080614_0925~01.JPG















ご丁寧に4枚もありますよ〜。

弟に送ろうかな〜?『昔を懐かしんでくれ』と。。。

私はいりません、猪木。。。w




i10.gif


 Blog Rankingに参加中。よろしければ

     ポチッとお願いしま〜す。



-----

Posted by at 14:31 | むかしのおはなし | comments(0)

クリームソーダーの思い出

先日所用で初めて「まちづくりセンター」を訪れました。

今までまったくといいほど足を踏み入れていない場所だったので、

独特な雰囲気にとてもいい気分になりました。

とても良い建物ですね。そしてここに何度も来ているような感じ。。。

この「まちづくりセンター」に一度も来ていないのに

なつかしい気持ちになったのは母の影響があります。





TS380152.JPG



母は函館の人間で、母の父(私の祖父)は

当時、日魯の上役で今の駒場町にお屋敷があり、

書生さんがいて、お手伝いさんがいて、

かなり豊かな暮らしをしていたそうです。

子煩悩だった祖父は毎週日曜日になると幼い母を連れ、

長い坂道を歩きながら上り、護国神社でお参りをした後、

今の「まちづくりセンター」である丸井百貨店(呉服店という名称だったかも)

に行き、食堂でエビフライとクリームソーダーを注文するのが

日課だったとか。

丸井でワンピース、帽子、靴など揃えて、それが毎週というから

いや〜、すごい贅沢な生活をしていたんですね。羨ましい。





そんな母は今でもクリームソーダーが好きで、

クリームソーダー好きは私も受け継いだかたちになりました。

クリームソーダーを飲むたびに母は祖父の話を聞かせてくれます。

残念ながら祖父は船で中国に物資を運ぶ途中、

アメリカ軍の爆撃にあって命を落としました。

3船あった中真ん中だけが重要な船ということで、

その真ん中に祖父は乗っていたのです。

お骨は戻らず、今も海の中で静かに眠っていると思います。

なので、私は祖父を写真の中でしか知りません。

セピア色の写真の中、コートを着てポーズを撮っている祖父。

会ってみたい思いを何度も抱きましたが、祖父が生きていたら

もしかしたら私は生まれていなかったかもしれないと思うと

運命の糸ってすごく複雑なんだな〜と思います。





母は毎週日曜日になると「まちづくりセンター」に

習い事をしに通っています。

きっと母の頭の中は当時の思い出がば〜〜と浮かんでいるに

違い在りませんね。

贅沢を言うのなら、中にあるカフェでクリームソーダーが

飲めたら。。。なんて思うのですが。

私も足を運ぶたび、昔の母の笑い声が聞こえてくるような

感じがする、そんな不思議な場所なのです。




i10.gif


 Blog Rankingに参加中。よろしければ

     ポチッとお願いしま〜す。


 


Posted by at 15:03 | むかしのおはなし | comments(2)

Profile




現在の閲覧者数:



【トレミー】人気ブログランキング

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Bookmarks

もじでパーツ