<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

ムーミン
  「お母さん、お母さん!!ムーミンやってるぅ〜♪」と
部屋に駆けこんできたボン。
なにやらGWの4、5日にカートゥーンネットワークで
ムーミンが放映されるらしく、わざわざ伝えにきてくれた。
それもすごい!!
朝9時から夜の9時まで2日間ずっとムーミン。
ムーミン祭り過ぎてクラクラしそうです。
しかも♪ねぇムーミン こっちむ〜いてっ♪のほうじゃなく、
何年か前に放映されていた原作に基づいて作られたほう。




彼女の名前がフローレンバージョンね。
母がずっと「ムーミンの目が大きい!大きい!」って
うるさいのでwww、そんなもんだったかしら?と
思ってたんだけど、振り返ってみるとこんなだった。
↓ ワン トゥー スリー







彼女の名前がノンノンバージョン。。。
こんなにシュールだったっけ?
子どもの頃の私はすごく喜んで見ていた記憶が。。。
確かに昔のほうが目が小さかったね。
というか三白眼?!


さて、そんなムーミンにすっかりはまってしまったボン。
出かけるよ!と言ってもテレビの前から動きません。
なんたって朝の9時から延々と続くんですから。
とりあえずTVにHDDがついていたのでそれに録画しといて
外出することになりました。
帰ってきて録画しといたものを家族で見てたんですが、
所詮子ども向けアニメって思ってたものが全然!!
面白くて面白くて笑いが止まりませんでした。
ムーミンパパのおとぼけ加減とか
ムーミンママのどっぷり天然具合とか
それには本気で吹き出してしまった私です。
ムーミンママにいたずらしようとパパが後ろから
こっそり近づくのですが、その時の顔なんか
すごく笑えます。
ムーミンが一番人間らしいかも。(妖精だけど)


でもね、すごいなと思ったことは
ムーミンママが一言もマイナスな発言はしないことなんです。
どんなに子ども達がいたずらをしてもおっとりと
それでもって大切なところははずさないみたいな。
普通なら「ここ怒るところだろう!」っていうところも
けして批判しないで一つオブラートに包んで、
でもはずさないわみたいな感じで伝えてるんですよね。
それってとても大事かな〜って思った。
相手も思わず笑っちゃうんだもの。
ケンカするのもばかばかしくなっちゃうよね。
今まで「ママ」の理想は大草原の小さな家の母さんでしたが、
それにムーミンママも加わったのでした。


ムーミンにはまったボン。
ここで本を読ませればもっといいぞ〜と思い、
実家の本棚をガサゴソガサゴソ。
ムーミンの原作は「たのしいムーミン一家」から
8冊ほど続いているんですが、実家には3冊。




でもね、
たのしいムーミン一家は国際アンデルセン大賞名作全集
ムーミンパパの思い出は講談社のトーべ=ヤンソン全集
ムーミン谷の彗星は講談社文庫
とバラバラ。
どのシリーズを見ても訳者は同じ人なので
内容などは変わらないと思いますが、
講談社文庫のものはふりがなとかついてない。
まぁ難しい漢字はさほどないようなので問題なさそうですがね。
それにしても古い。
後ろを見たら昭和43年8月20日 第1刷発行
と書いてある。
私が生まれる前に発売された物じゃないかぁ〜。
44年ものですか〜。
手垢?とか汚れとかついていて汚いんだけど、
ものすごい貴重な本かもしれない。大事にとっておこうっと。
残りのものは青い鳥文庫から出ているようなので
ブックオフとか覗いてみようかな?

Posted by Timmy at 00:30 | ほん | comments(0)

我が家のGW
 我が家は3日にボンのサッカーがあったので、
それが終わってから函館に移動しました。
調度お昼でサッカーも終わるので、それに合わせて
車の中でご飯を食べられるようにお弁当を作るてぃみーさん。
なんだかそれだけで疲れてしまいました。
でも、でも他人(旦那だけどwww)の運転だと酔ってしまいそうなので
頑張ってルスツの道の駅まで自分で運転しまつた。


実家の目の前の公園も自宅の桜もまだ5分咲きという感じ。
帰省中、ずっと寒かったのできちんとしたお花見はゼロ〜でした。
函館に帰っても車のない母が遠出の買い物
(市内ですが、西部地区にはお店がないため)に行かなきゃいけないため
私の希望するところには全然行けません。。。( ノω-、)クスン
母の希望する場所は「ホーマック!!」
庭用の苗とか土とかなんだ〜らとかかんだ〜らとか。
いつもは石川店に行ってたけれど、湯川店のほうが近いよね〜
ということで湯川へ行くことにしました。


ホーマック、札幌にもあるから珍しくもなんともないですが、
お買い得品があるかもしれないと探すのは楽しいです!
ちなみにその日はプーマとかナイキとかのスポーツ用品が
かなり安くなってる日だったらしく(バッタモンではないらしい)
私も仕事に使えるしぃ〜なんて目をキラキラさせて探してました。
けど、どうしてもボンの物に目がいってしまう。
結局買ったのは自分の物じゃなくて、ボンのサッカー用、いや
冬場のフットサル用のシューズでした。
でも嬉しかったですよ。スパイクとか練習用の靴だって
平気で樋口一葉が飛んでいきますからね。
でもアディダスの良いやつが1900円で買えた喜び♪
さぁ、ボンよ、サッカー頑張りなさい!!
お隣のセカストでもいいのあるかしら?って思ったけど、
スポーツ関係も洋服もこれといったものなし。
でも母が白ブラウスを1着買ってた。
「ミイラ取りがミイラになったぁ〜」なんて言ってたけど。
帰りはおんじきのラーメン食べて実家に戻ったよ。


5日は保育園時代の仲良しさんと会う日。
そう、毎年GWに会っては遊ぶ3人組なんです。
この日もあいにくお天気がよくなく、花見もできなかったので
お友達の家に集まってみんなでwii祭り。
会える時間が限られている3人ではありますが、
やっぱり保育園生活を一緒に過ごしてきた仲間って
いくつになっても仲良しなんですね。
(3人とも学校が違うんです)
ボン、「函館に帰りたくなっちゃった」なんて呟いてます。


最終日の日曜は母もあわせた4人で「テルマエ・ロマエ」観に行こう!
と急きょ決めました。
次の日が学校なのに、仕事なのに(ちなみにてぃみーさんは仕事休みw)
中山峠が冠水とがけ崩れで通行止めということで
「こりゃあわてて帰ってもどうしようもね〜べ」ってことで
のんび〜り、ゆっく〜りして帰ろうということに決めました。



顔が濃い面々が並んでいますが、映画で見るとやっぱり東洋人w
原作は既読の私、でも映画は映画で大変おもしろうございました。
初めて上戸彩がかわいく見えた映画です。
会場が「シネマ・アイリス」だったのでちと辛かったです。。。
(あそこでブラックスワンを観た母。凄すぎだろう。)


そして実家に帰り、ようやく公園内を散策。
出店でたこ焼き買って〜、焼き鳥買って〜、
しょぼしょぼ動物園見て〜。
そして車内のおやつ用に「パンダ焼き」を買って帰りました。



ご家族と思われる方々が頑張って焼いてましたよ。
あんこ、クリーム、チョコ、クリームチーズ・・・と7種類くらい
あったっけ。味多すぎ〜www
前から見ると可哀想なので裏側にしてバクっと食べました。
おいしかったですよ。



欲を言えばもうちょっと花見を楽しみたかったぜい。
(写真は家族とは全然関係ありません。ボン激写)
五稜郭公園行きたかった。
来年は松前にも行ってみたいな。
花見=ソメイヨシノって印象の私なので、
札幌で行う花見(山桜)は少しさびしいのですよ。
あっという間に桜の季節も終わりですけどね。
今度はたくさんお花が咲き乱れる滝野すずらん公園にでも
行ってこようかな。

Posted by Timmy at 17:32 | ほん | comments(0)

菫埜さんから届いたchiemiさんの本
私の大好きな『菫埜』さんから待ちに待っていた
chiemiさんの本『スイスのかわいい宝物』が届きました!

081102_1537~01.JPG


封筒だけでもかわいくて、
開けるのがもったいない






そして中から出てきたのは素敵な本でした。

081102_1539~01.JPG









中はもうかわいく、素敵な写真がいっぱいで、
本当にもう一度スイスに行きたくなっちゃいました。

081102_1544~01.JPG
菫埜さんから注文すると
ついてくるノベルティのしおり
モノグラムがついていて
素敵
chiemiさんご本人からも
Thank you カードが同封されてあって
嬉しかったです。



読書の秋にはぴったりの本ですね。
読みながらスイスへの想いはつのるんだろうなぁ〜。
おすすめの本ですよ。
菫埜さんのHPからも注文できますので、
気になった方はぜひ!

菫埜さんHP


i10.gif  


 Blog Rankingに参加中。よろしければポチッとお願いしま〜す。


Posted by at 16:00 | ほん | comments(0)

本だらけ!!
古本マルシェに出品する本をまとめました。
母にも頼んでみて、あれも〜これも〜と。。。
と数えてみると、


82冊!!ヽ(゚Д゚;)ノ!!



予想以上の数字になりました。(汗)
大丈夫なんでしょうか?置けるのでしょうか?
職場のUちゃんからも預かる予定なのに。。。
おそろしや〜。
なんせTimmy家は図書館ですから、
いろいろと出てきちゃうんですけど、
母関係の本はほとんど英語の本。
TOEICのものとか、4年くらい前のものだけど、
問題自体にそんな変化はないので、持っていってと。。。
英語好きの方、もしよろしければ
ハコダテ150のブースにお寄り下さいね。
たくさんの英語本がお待ちしております。
もちろんそれ以外の本もありますよ。

TS381026.JPG


あり〜すぎ〜です(笑)






本はそんなに期待はしていませんが、
雑貨としてPoohを少し出すことにしました。

TS381028.JPG

置き物や写真立てなど。
ジャンク品もあるので、
美品!!というわけではありませんが、
お嫁に出します。



TS381029.JPG

♪ドナドナ ド〜ナ〜ドォナ〜♪

誰かお嫁にもらってね




82冊の本、プラスUちゃん本、どうやって持っていこう。
ぎっくり腰注意報です。
他にビニール袋、値段タグ(POOHにつける)、
割れ物を包むプチプチなど用意はd(ゝc_,・。)OK♪


あとは当日お天気になるように〜だけですね。



i10.gif  


 Blog Rankingに参加中。よろしければポチッとお願いしま〜す。


Posted by at 11:34 | ほん | comments(4)

古本マルシェに参加します
前回はお客として出向いた古本マルシェ。
その時の雰囲気がとても楽しくて、自分もやってみたいな〜と
思っていたら、第二回開催とのお知らせが。
本もたまってきてたので、少量の雑貨も持っていって参加します。
今回は個人ではなく、ハコダテ150のスタッフとして参加しますので、
洋梨さん、hanarinさん、そして編集長とお仲間がいて、
とても楽しくできそうです。
お暇がありましたら、皆さん、ぜひ遊びに来て下さいね!!
お話できるといいなぁ〜。(ただし写真は却下です! 笑)


日時:10月26日(日) AM11:30〜
場所:カフェ マウンテンブックス テラス内


当日はrocaさんがパンや焼き菓子を持って参加されますよ!
混雑が予想されますので、rocaさんのパンを必ずゲットしたいと
いう方は事前予約が可能ですので、rocaさんのHPより
手続きをお願いします。

http://www.score20.net/


マウンテンブックスの店主さんは温かいスープやニンジンケーキ、
ドリンクなど用意してお待ちになっています。
マイカップを持って行くと割引があるようなので、
忘れずにお持ち下さいね。


ただし、雨天の場合は中止になります。
週間天気予報を見ると、前日まで雨マークで、
当日は曇りのち晴れと微妙な天気ですが、
開催されるよう、みんなでてるてる坊主をつくりましょう!


下準備など、どうするの〜?どうするの〜?と
一人でうるさくしてるTimmyです。
どうしても保育士時代のクセが抜けなくて。。。
でもでも当日は楽しめるよう、ニコニコでお迎えいたしますよ。
よく『怒ってるの?』、『表情が暗い』と母に言われてるものですから、
話しかけづらいかもしれませんが、
そういう時は函館のビジュアル系・洋梨さんにお声をかけて下さい。
私にもふってくれると思います。


カメラ片手に走り回る編集長
気さくに笑いかける洋梨さん
雰囲気に酔ってるだろう夢見るhanarinさん
せかせかな私

とスタッフの性格も垣間見ることができると思います。
本よりそっちがメインになったら嫌だけど。(笑)
皆さん、古本マルシェ、お楽しみ下さいね。


前回の模様をハコダテ150にアップしたのは こちら

i10.gif  


 Blog Rankingに参加中。よろしければポチッとお願いしま〜す。


Posted by at 11:58 | ほん | comments(6)

歴史っておもしろい!

空は高く、日が沈むのもすっかり早くなりました。

秋ですね。

私にとっては『読書の秋』です!!

(えっ、誰?そこで食欲の秋とつぶやいているのは? 笑)





息子と一緒に寝てしまうため、ゆっくり読書なんて

できない日のほうが多いのですが、

今月は『篤姫 下巻』を買ったので読んでみたいなと思っています。





今、『篤姫』にはまっている私。

函館も港開港記念150周年を来年迎えるわけですが、

ちょうどその頃とリンクしているんですね。

以前は歴史にはあまり興味がありませんでした。

『大草原の小さな家』でローラが



『死んだ人のことなんて勉強してもおもしろくないわ』



と言っていたんですが、まさに私もそのとおりで。。。







でも大人になってから、色々と興味を持ち始めました。

市役所で戸籍などを調べるお手伝いをした時に

人のルーツっておもしろいなと思い、

今の仕事では道南で活躍した人々の歴史の記事を

打っていることもあって、函館がどのように開拓されたのかを

知り、楽しんだり。。。

歴史としては本州の人たちには遠く及びませんが、

北海道の中では古い歴史を持つ函館のことを

もっと知りたいと思いました。





そしてそこへ入ってきた篤姫。

徳川家の将軍、和宮、井伊直弼、西郷隆盛、

大久保利通、勝海舟、坂本龍馬と

ある程度の名前を知っていても、

教科書で習っただけしかわからなく、

見ているうちになんだかもったいないと思ったものです。

特に同じ女性として波乱に満ちた時代を生きぬいた女性達の

生き方を見ておきたいと強く思いました。





そして、何の因果か。。。

先日ここでお伝えした10年前に他界していた元彼と

私の息子がそれぞれ『篤姫』の登場人物と同名でした。

彼が他界した事もこの篤姫で同名の人物が出てこなかったら

全然わからなかったことですし、気にもとめませんでした。

なので、何か私を歴史の道へと導く用意が

できていたのかもしれませんね。

 


こんなに歴史がおもしろいなんてビックリでした。

今まで勉強してなかったのが惜しいくらい。

他にも英語や国語、苦手だけど数学など、

今、ちょっとした『勉強したいブーム』が

Timmyの中に来ております。

勉強することってこんなに楽しいなんて、

なんで学生時代に気づかないんでしょうね〜。

来年からは息子は小学生。

一緒に勉強していきながら、最終的には大学を目指したいな。





↓はこれから私が読む本たちです。

「箱館英学事始め」は母から勧められたもの。

読むのが楽しみ〜。











 







篤姫は音楽もおもしろいです。

オープニングテーマ、好きで毎回楽しんで聴いていますが、

オーケストラのそれぞれの楽器が別々に聞こえちゃう耳なので、

それがちょっと。。。

コントラバスの音が良くて、素敵です。

NHK交響楽団ってクラシックだけじゃなく、

こういう音楽も演奏できるからいいですね。

サントラ、買ってみようかな? 

 



Timmyはまりすぎ〜なんて笑わないでくださいね。

 


i10.gif  


 Blog Rankingに参加中。よろしければポチッとお願いしま〜す。




Posted by at 12:07 | ほん | comments(2)

モニターに当選パート2
先日封書が届き、何かな?と思ったら湿布のモニターのサンプルでした。

温湿布と冷湿布1枚ずつ。高橋克典が宣伝しているものなんだけど、

ちょっと腱鞘炎っぽかったので温湿布を右手首に巻いてみました。

スーっという感じで気持ちよかったです。痛みも消えました。

ちょうど母も腰を強打して(椅子から落ちた!)痛がっていたので、

冷湿布をあげたところ、痛みがなくなったと言っていたので

2人してよかったね〜と言ってたところ、

今度はメール便到着!!

これは一度見た封筒だと思い開けてみたら、やっぱり。。。。



























TS380234.JPG















また本のモニターに当たってしまいました。w

今度は成松哲氏著『凶暴両親』というタイトル。

ぶち切れ父さんとクレーマー母さんの実態がここに!

と書かれてあります。すごいタイトル。。。

今朝ほど『発言小町』で信じられない親の投稿を読んで

呆れていただけに興味あるタイトルです。

ただ帯にはメディアの作る虚像に振り回されるな!!

と書かれてあるので、じっくり読んでみたいと思うんだけど。。。

まだ先日当たったばかりの



TS380167.JPG





← こっち











を読み終わっておりません。

今月の本の代金が¥0なのは嬉しいけど、

こちらと同じく宿題があるので、嬉しい悲鳴。

子どもの頃からこういうちょこちょこっとした物には

当たっていましたが、

未だにモラタメで当たったことないし、

現金?海外旅行?当たったことはありません!!





あ〜あ、また職場で読みますか。

(って、ちゃんと仕事もしてるのでご心配なく!)







aqut_banner01.gif 今回の本たちが当たったところ。

 時々、本のモニターを募集するので、

 本好きな人はやってみるのもいいかもです。


i10.gif


 Blog Rankingに参加中。よろしければ

     ポチッとお願いしま〜す。



Posted by at 17:52 | ほん | comments(6)

モニターに当選!!
昨日、家についたら私宛の荷物が3つ。

1つは頼んでいたお弁当箱。(嗚呼、あと2日早くついてたら。。。)

2つ目はオークションで落とした息子用の服

そして3つ目はモニターに当選した品物でした。

それ、なんだと思います?



























TS380167.JPG



















本でした。しかもサイエンス系の。。。

「鉱物と宝石の魅力」というもの。

以前、石ころ館で働いていたんで、こういう系の物は好きですよ。

割と地質学とか好きだし、いいんだけど、

1カ月で読んで、感想を書いて出すという宿題があり、

(モニターなんだから仕方がないわよね w)

職場にも持って行く始末。。。

割と初心者向けなので1カ月あれば読めるかな?

なんか、こういうの好き(オタク)って思われそう。 w





鉱物といえば私の誕生石は10月でオパール。

最近はピンクトルマリンというのも出てきたけど、

昔から親しまれてきたのは10月=オパールだと思う。

ただ、ダイヤモンドやルビーなどと違って、

オパールってちょっとおばちゃんチックなんですよね。

なので身につけていないんですが。。。

こんなこと言っちゃ、一生懸命宝石を掘っている人に失礼ですね。

先々週くらいにヒロシがオーストラリアでオパールを

掘ってた姿に感動したばかりでした。





そういえば、携帯ストラップにしていたアベンチュリン。

先日見てみたら石が1つ割れてました。

アベンチュリンの意味には、



疲労回復、ストレス解消、家庭円満、対人関係の改善、

新規スタート、真理の洞察



というものがあるので、最近イライラしたりとんがってる私に

対する「あんまりイライラしなさんな」というサインなのかも

しれませんね。気をつけようっと。

割れた石のところだけ取って土の中に埋めます。

(いらなくなった石は感謝しながら土に戻してあげるといいんだよ)

なんだか良いことがあまりないのでクリスタルが欲しいです。

魔よけにもなってくれるのでね。

少し良いクリスタル。

クリスタルを集めるなんて。。。ファイナルファンタジーですか??? w

(私、このゲーム大好きです)

今度、石ころ館に行ってみようかな。





石ころ館の店長は私の知り合いです。

とっても良い方なので、わからないことがあったら

なんでも聞いてください〜!!(少しだけ宣伝)





やっぱり私って鉱物オタクなのかな〜? w

なのかもね。ダイヤモンドのプレゼント待ってますよ〜。w



i10.gif


 Blog Rankingに参加中。よろしければ

     ポチッとお願いしま〜す。


Posted by at 15:12 | ほん | comments(6)

おおかみさん きつねさん

小さな時から絵本の大好きな息子。

「今日はこれ読んで〜♪」と持ってきます。

息子が一番最初に興味を持ったのは

「あかずきんちゃん」と「三匹のこぶた」でした。

どちらもおおかみが出てくる話です。

特に「三匹のこぶた」は大好きで、英語で読んでました。



 



これこれ、この絵本です。

たくさんお世話になりました。

CDもついてるので英語が耳から入ってくるのがいいですね。





それからなんだか「おおかみ」が気になる息子は

それ系の絵本を集め出します。



 



のぶみさんの絵がとても愉快で、

おおかみときつねの性格もおもしろく、

2人でゲラゲラ笑いながら読みました。



 



「おとうさんはウルトラマン」で有名な宮西達也さんの絵本。

こちらもぶたさんとおおかみさんのお話。

上のおおかみかめんにしてもこのおおかみさんにしても

人情があって、昔話では悪者のおおかみだけど、

実はこんなにいい奴なんだよって教えてくれてるような

そんな感じがします。

この絵本はゲラゲラと笑わせてくれるところと

ホロッと泣かせてくれるところがあって、

いい絵本だと思います。

他にも宮西さんはおおかみさんが出てくる絵本を出しています。



 



図書館で偶然みつけたお話。

おおかみときつねってペアになっている

お話が多いですね。



 



これは私の宝物の絵本。

酒井駒子さんの絵が大好きなんです。

お話もきゅーんとくるものがあって、

私もこんな出会いがあったらよかったなと

思えるようなかわいらしいお話です。



この他にきつねのお話は

「てぶくろをかいに」や「ごんぎつね」、「チロヌップのきつね」など

せつなくて涙が出てくるようなお話がたくさんありますね。





〆はこちら!!



 



秋篠宮紀子さま翻訳の「オオカミのエリック」です。

皇族が出したものだから〜ということで、

内容の良し悪しより話題だけが先行してるのかな?

って感じでしたが、中を覗いて見ると、

おおかみの普段の生態がわかりやすく描かれています。

動物に詳しい秋篠宮殿下の助言を受けながら

訳したものなのかもしれませんね。

全体的に見て年長さん向けかな?

それでも中にしかけがあったりして楽しめます。

そして紀子さまらしく言葉づかいが優しい。

(あんな素敵なお母さんになりたい。無理だけど。。。w)





これはシリーズものになっていて、

各動物の生態系に異変が起きていることも

教えてくれます。

すべて揃えたいなと思った絵本です。





こうしてみるとほんとおおかみやきつねの本が多いですね。

イメージ的に浮かびやすいっていうものがあるのかもしれません。

不思議なのは実際会ったら怖いであろう「くま」は

絵本の中では優しく、友達風に描かれていて、

おおかみは「悪者」に描かれていることが多いこと。

くまがこんなに人間に近しく描かれているのはどうしてなんでしょうね?

丸みのある体つきがふわふわなイメージ=かわいい となるのかな?




i10.gif


 Blog Rankingに参加中。よろしければ

     ポチッとお願いしま〜す。



-----

Posted by at 10:29 | ほん | comments(0)

Profile




現在の閲覧者数:



【トレミー】人気ブログランキング

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Bookmarks

もじでパーツ